Original

「ホームページを作ったのに成果が出ない…。」広告費0円で実施できるWebマーケティングのポイントを解説!

「自社のホームページを開設したものの、最後に更新したのは数年前...」という経験はありませんか?立ち上げ当初は更新していたものの、徐々に更新や管理が手間となり、結果として放置している方もいるはずです。

 

ホームページを活用すれば集客に役立つほか、自社の商材を認知してもらうきっかけ作りとしても機能します。運営を行う上で「集客」や「ファンの育成」など目的が明確であれば、そこから得られるメリットは大きいといえます。

 

とはいえ、いままでホームページを活用していなかった企業であれば、どういった施策を実施すれば成果に繋がるのかわからず、手探りで施策を検討していることもあるでしょう。

 

検索エンジンからの集客を目標に、ホームページやブログを更新することや、訪れたユーザーにとって有益な情報を発信するなど、目的に応じて様々な施策を実施しなければいけません。

 

施策によっては広告費など予算が必要な場合もあります。コストをなるべく抑えて実施しなければいけない時もあるでしょう。

 

今回は、予算を掛けずに集客や自社のファンを獲得するためのWebマーケティング施策の解説と、実施する上で担当者がつまづきやすいポイントを3つご紹介します。

自社ホームページを活用して広告費不要で行えるWebマーケティング施策とは?

自社のホームページやブログ運営を「なるべくコストは抑えて成果を出したい」自社の予算の都合で、広告費などを掛けられないこともあるでしょう。

 

また、集客やファンの育成を目的とするWebマーケティング施策の中には、SNSやメルマガといった施策もありますが、前提としてフォロワーやリストを育てる必要があります。そのため、自社ホームページを活用した施策とは、異なる作業コストが発生することもあります。

 

もし、今後SNSやメルマガを活用する場合でも、その話題のきっかけとして自社ホームページを充実させることは大切です。

 

広告費を使わずホームページで成果を出す手法「コンテンツマーケティング」

低コストで成果につなげる手法として代表的なのが「コンテンツマーケティング」です。コンテンツマーケティングは、自社のホームページやブログでユーザーにとって価値のある情報を発信する手法です。

 

自社の商材に関連するノウハウや業界の最新情報などを定期的に発信することで、商材を認知していないユーザーの興味関心を引き、将来的な顧客として育成することが目的です。

自社が提供する情報に魅力を感じ、商材に対して興味を持ってもらえるような情報を発信しましょう。

 

コンテンツを更新しやすい「CMS」を利用する

コンテンツマーケティングは、定期的な情報発信がポイントです。そのため、コンテンツの管理と更新が簡単に行える「CMS」というツールを導入すると良いでしょう。

 

CMSとは、ブログやコーポレートサイトなど様々な形式のホームページを制作できるプラットフォームです。

 

無料で簡単に利用できるブログサービスなども存在しますが、サーバー容量やデザインテーマなど、機能に制限を設けていることが殆どです。自社に合わせてカスタマイズしたい場合に物足りなさを感じることがあるでしょう。そのため、今後様々なカスタマイズを行うことを想定してCMSを選ぶのも1つの手段です。

 

参考:

[コンテンツマーケティングとは何か 〜 歴史・事例などから解説 〜|ferret ]

 

自社のペルソナを明確に設定する

CMSを導入し、運用を開始する前に設定しておきたいのが「ペルソナ」です。ペルソナとは、自社が訴求したいユーザーの具体的な人物像です。自社ホームページにどういったユーザーを集めたいのかを明確にすることで、自社ホームページで訴求したいポイントがわかりやすくなります。

 

また、ユーザーにとっても自身に近いペルソナイメージのコンテンツは親しみやすさを感じさせるため、ファンになるきっかけとしても機能するでしょう。

 

ペルソナ設定のポイントはできる限り詳細な人物像を描くことです。職業や性別、年齢といった大まかな設定だけでなく、どんな趣味嗜好を持ち、どういった悩みを抱えているのかまで落とし込みむことが大切です。

 

参考:

[ホームページ運営に欠かせない!ペルソナの設定方法とは?|ferret \[フェレット\]]

 

SEOを行い検索エンジンの上位表示対策を行う

自社のホームページやブログで情報を発信しはじめても、思うような集客につながらないこともあるでしょう。コンテンツマーケティングを行う上で重要になる施策が「SEO」です。

 

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)を意味する言葉です。GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に、自身のページを上位表示させることを目的とした施策です。

 

検索エンジンの検索結果は、独自のアルゴリズムを用いているため、リスティング広告などを出稿しないかぎり意図的に上位表示させることはできません。そのため、自社の商材に関わるキーワードの中からユーザーの関心の高いものを調査・過程し、コンテンツを制作することが対策手段の1つと言えるでしょう。

 

参考:

[SEO対策とは〜初心者でも分かるSEOの基礎|ferret ]

 

自社でWebマーケティングを実施する上でつまづきやすい3つのポイント

上記で紹介した3つのWebマーケティング施策を実施するものの、想定していた成果が得られないこともあるでしょう。そこで、担当者がWebマーケティング施策を実施した当初につまづきやすいポイントを解説します。

 

1.コンテンツを更新するためのCMSの導入と操作方法がそもそもわからない

ホームページやブログのカスタマイズのしやすさ、コンテンツの更新しやすさを考慮してCMSの導入を検討するものの、CMSの導入や設定でつまづくことがあります。

 

特に、WordPressなど一般的な認知度の高いCMSでも、導入にあたってサーバーのレンタル、FTPアップロードなど一定の知識が必要になります。その他の業務と兼任のWeb担当者であれば、満足に工数を割けないことが考えられます。

 

CMSを導入を検討する際、どういったスキルが必要になるのか、現状のスキルで利用できるCMSはあるのかを確認してみましょう。

 

参考:

[予算をかけず自分でホームページが制作したい!必要な6つのスキルとは?|ferret \[フェレット\]]

 

2.コンテンツ数を増やそうと「日記」的な記事を闇雲に更新してしまう

コンテンツマーケティングにおいて、定期的にコンテンツを発信しつづけることが大切です。ところが、コンテンツ数を増やそうと考えるあまりにユーザーにとって価値を提供できないコンテンツを更新してしまう場合が考えられます。つまり、ペルソナ設定が曖昧なままコンテンツを更新しているということです。

 

自社の商材の強みと、ユーザーが求める情報のミスマッチが起きてしまうことで、コンテンツ数が増えたとしても集客が伸び悩む可能性があります。そのため、自社の商材がどういったユーザーに求められているのかを軸に、コンテンツを更新しましょう。

 

また、SEO施策においても同様です。検索されやすいキーワードを利用してコンテンツを更新しても、自社の強みと一致していなければ効果が見込めません。

 

参考:

[SEO対策キーワードの重要性を理解しよう|ferret \[フェレット\]]

[SEO対策とは〜初心者でも分かるSEOの基礎|ferret \[フェレット\]]

 

3.SEOのテクニックを過剰に意識しすぎてしまう

SEOを取り入れた上でつまずきやすいポイントとして挙げられるのが、テクニックを意識しすぎてしまうことです。検索結果に表示させたいキーワードを盛り込みすぎてしまうことや、関連性のないリンクの設置など、コンテンツの内容を意識せずテクニックを利用してしまうことで、ユーザーが離脱する可能性があります。

 

また、過剰なリンク対策やキーワード対策は、Googleによってペナルティを受ける恐れもあります。もちろん、有益なコンテンツを提供することを前提として、適切なテクニックを盛り込むことで効果を見込めますが、「集客」や「ファンの育成」など目的を踏まえた上で必要であれば活用しましょう。

 

参考:

[SEOスパムと判断される行為まとめ|ferret \[フェレット\]]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまでお読みいただいた内容に納得したが、自社で実行する自信が無い、リソースが確保できないという方には弊社が提供しているferret Oneもオススメです。

 

ferret Oneならホームページの運用や集客を最低限のリソースでスピーディに行うことができます。月額5万円から利用でき、オプションプラン等を導入しない限り追加の料金も一切かかりません。

 

今なら無料相談も承っておりますので、興味をお持ちの方はぜひ下記からお試しください。

ferret Oneは、月々5万円からご利用できるサービスです。
すぐにでもホームページを公開したい企業様には、一部制作代行サービスも承っております。