Original

新規事業の集客やCV改善に役立つ!主要なWebマーケティング手法と準備すべきツールを解説

新規事業は売上の予測が立ちにくいことから、予算や人材を満足に確保できない場合があります。そのため、Web制作やマーケティングにWeb専属の担当者を配置できない場合もあり、運用に課題を抱えている企業があります。

新商品やサービスの企画・開発に専念している企業も然り、マーケティングにリソースが割けないという課題があります。

特に、事業を拡大させるためにも自社ホームページへの集客やCVの効果検証や改善が必要です。そのため、リソースを最小限かつ自社で運用できる、Webマーケティング手法を検討している方もいるのではないでしょうか。Webマーケティングを行うためには、Web制作や管理を行うためのCMSや、アクセス解析ツール、メール配信ツールなど手法によって様々なツールが必要です。

今回は、Webマーケティングの主要な手法の解説と、短期間で環境を整えるためのツールや選定のポイントについて解説します。また、Webマーケティングの専属担当者が居なくとも自社で運用できる方法についてもご紹介します。

 

 

Webマーケティングの主要な手法と活用すべきツールとは?

1.ホームページやブログ、LPを制作する

Webマーケティング施策を行う前提として、ホームページやブログ、ランディングページ(以下、LP)が必要です。これらは、商品やサービスをユーザーに届けるための“枠組み”となります。

ホームページやブログを制作するにあたり、準備するものがあります。それが、下記の3つです。

  •    サーバー:ホームページをインターネット上に公開するために必要
  •    ドメイン:ホームページの所在を示し、識別するために必要
  •    CMS:ホームページの制作、コンテンツの管理・更新に必要

ホームページ制作には、HTMLやCSSを用いたコーディングやPhotoshopやIllustratorを使ったWebデザインなど、専門的なスキルを要します。Web制作に関するスキルに自信が無いのであれば、制作会社に外注の依頼を行いましょう。

 

参考:
ホームページの制作フローを徹底解説|ferret

2.「SEO」検索エンジン対策のキーワードを選定

ホームページやブログ、LPは、インターネット上に公開しただけではユーザーに訪れてもらうことはできません。そこで、Webマーケティング施策を行い集客を図ります。その代表的な手法が「SEO」です。

「SEO」は、GoogleやYahoo!など検索エンジンの検索結果にホームページを多く露出させるための施策です。ユーザーが「求めている情報」は何か、インターネット上で発見されやすいキーワードをツールを用いて選定します。

自社の“商品やサービスの強み”とユーザーのニーズの親和性が高いキーワードを選定し、コンテンツ制作を行います。単にキーワードを用いた文章を書けば良いのではなく、ユーザーにとって「有益」と思えるコンテンツを制作する必要があります。

 

参考:
SEO対策とは〜初心者でも分かるSEOの基礎 |ferret

3.「リスティング広告」で集客

リスティング広告は、SEOと並ぶ代表的なWebマーケティング施策です。検索エンジンの検索結果に表示される広告のことで、Googleの場合は「Google AdWords」、Yahoo!の場合は「Yahoo!プロモーション広告」に出稿を行います。

リスティング広告のメリットは、指定したキーワードで出稿できる点です。自社の商品やサービスに対してニーズを持った顕在層のユーザーを集客できるというメリットがあります。

また、広告なので出向するためには予算が必要になりますが、「クリック課金」の料金体系なので、キーワード選定を誤って1度もクリックされなかった場合は費用が発生しません。そのため、低予算で運用できる集客方法と言えるでしょう。

 

参考:
リスティング広告とは〜成功に導くための基礎知識|ferret

 

4.長期的な資産に!「コンテンツマーケティング」を実施する

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに対して「有益」な情報を継続的に提供し続けることで、ユーザーの関心を引き付け、最終的に収益に繋がる行動を取ってもらうためのWebマーケティング施策です。ホームページやブログ、LPがあれば実施できます。

先にご紹介したSEO対策や、リスティング広告を通じてユーザーを集客し、商品やサービスのファンになって貰えるようなコンテンツを執筆しましょう。効率的にコンテンツを制作するために、上述した「CMS」を利用することで、簡単にコンテンツを更新することができます。代表的なブログ形式のCMSとして「WordPress」があります。

制作したコンテンツは、ホームページを閉鎖しない限り半永久的に残り続けるため、長期的にユーザーを集客できる“資産”になります。また、文章を執筆する担当者がいれば実施できるため、低コストで運用できるのもメリットです。

 

参考:
コンテンツマーケティングとは?今さら聞けない基礎知識と使われる13の手法|ferret

 

5.見込み客の育成に「メールマーケティング」を行う

メールマーケティングとは、メルマガ配信やステップメール配信を用いたWebマーケティング手法です。自社に会員登録している“潜在的な見込み客”に対し、商品やサービスへの関心を育てるための施策として用いられます。

商品やサービスの認知と集客を目的とする場合はメルマガ配信を行い、購買や資料請求を目的する場合はステップメール配信を行うなど、目的に合わせてメールの配信方法を選定するのがポイントです。

ユーザーの属性ごとに配信方法の設定やメーリングリストの管理を行うためには「メール配信ツール」が必要です。配信方法ごとに強みを持つサービスがあるため、導入の際は「メールマーケティングの目的」と照らし合わせて検討しましょう。

 

*参考:*
これだけは知らなきゃ効果が出ない!?メルマガを配信するなら必須の4つのポイント|ferret

 

6. 「効果測定ツール」でWebマーケティングの効果の検証と改善

ホームページやブログ、LPを制作し、そこで公開したコンテンツが「どういったユーザーがホームページに訪れているのか」「効果を生んでいるのか」を検証するために必要なのが「効果測定ツール」です。

代表的なツールとしてアクセス解析を行う「Google アナリティクス」や、ホームページの状態を確認し改善に役立てる「Google Search Console」というツールがあります。

効果測定ツールを用いてユーザーの動向を分析し、Webマーケティング施策の改善を行いましょう。その際、「集客」の分析を行うのか「コンテンツへの興味や関心」の分析を行うのか、目的ごとに効果測定を行うのがポイントです。

 

Webマーケティングツールが抱えるコストと対応策

主要なWebマーケティング施策の手法と利用するツールについてご紹介しました。上記の手法からわかるように、Webマーケティングを実施するには複数のツールを併用することになります。そのため、ツールの管理面や予算面でコストが発生します。何を目的にWebマーケティングを行うのか、目的を明確にした上で選定してみましょう。

CMSや効果測定ツールの中には、「一定以上の専門スキル」を必要とするものや、日本語非対応の海外製ツールなどがあります。新規事業の立ち上げ時など、短期間でWebマーケティング環境の整備と運用を考えているのであれば、担当者自身が「使いやすい」と感じる操作性を持ったツールがオススメです。また、サポートの充実した日本製のマーケティングツールであれば、万が一のトラブルへの対応も柔軟に行えるでしょう。

例えば、弊社が提供する「ferret One」は、コーディングやデザインのスキル不要でWeb制作が行えます。また、メール配信ツールからSEO対策ツール、効果測定ツールまで、Webマーケティングに必要なツールが1つのパッケージとしてまとまっているのが特徴です。

 

必須のツールが全てそろったferret One

ferret Oneは、ホームページの集客や見込み客獲得に必要な、各種ツールを統合したクラウド形式のサービスです。「Webマーケティング」と聞くと、いろんなツールを使いこなすイメージがありますが、ferret Oneなら単独で一通りできるのが特徴です。

具体的には、以下の5つのステップに沿ってWebマーケティングを実行し、ステップの中で必要となる機能を集約しています。もちろん、この記事で紹介してきた各種手法についてもferret Oneさえあればすべて、担当者1名でも実施できる環境が手に入ります。

 

新規事業のWebマーケティングとの高い相性

新規事業や新サービスにおいてマーケティング環境を準備したい・・

しかし、「新規」となると意外とハードルが上がってしまうものです。

 

  • ゼロから全て用意するのでツール選びから設定まで煩雑になる
  • 新規事業だと、マーケティング関連のコストが最初はかけにくい(どうしても開発やサービス・プロダクトに寄りがち)
  • とはいえ、スピーディに開始したい

 

ferret Oneなら集客に必要な機能を1サービスにパッケージング。これだけあればサービスリリース時のWebマーケティングはほぼカバーできるでしょう。

それでは、Webマーケティングのステップごとに、ferret Oneにどんな機能があるのか見ていきましょう。

 

新規事業のWebマーケティングに必要な5つのステップと機能

STEP1:施策の計画

自社サービスのターゲット、ペルソナ、競合状況などを整理し、誰に何を伝えるべきか、Webサイト上で表現するコンテンツの内容や集客するキーワード、重視するチャネルを決めます。

このステップの主な機能
・トレーニングシート
いきなりWebサイトを作る前に計画が必要です。競合、自社、顧客などの3C分析を行った上でどんな人をターゲットにするか、どのくらいの集客が見込めるかの当たりをつけておきましょう。チームメンバーとの意識統一にも役立ちます。

その他機能
・ペルソナ、ターゲットの設定
・競合分析
・集客キーワードの選定
・目標設定

 

STEP2:サイト施策

STEP1で決めた方針や集客したいチャネルに合わせて、ホームページ(=集客する場)を作成します。ferret Oneなら、ただページを作るだけでなく、ブログやランディングページなど目的別のコンテンツ作成が簡単にできます。プロジェクト開始後に、チャネルやサービス内容が変わることもありますので、どんな形式のコンテンツにも柔軟に対応できるのが特徴の一つです。

このステップの主な機能
・簡単アシスト
テンプレートを選び、選択肢や質問に回答することでWebサイトやランディングページが作成できる機能です。

・webフォント
26種類のWebフォントが無料で使えます。ランディングページの表現力アップやスマホ表示にも対応しています。

・サイト作成(CMS)
パワーポイントのような操作感でページを作成できます。テンプレートをベースに画像を差し替えたり、あらかじめ用意されたパーツをドラッグ&ドロップするだけで、サービス紹介サイトがものの1時間で作成可能です。

・フォーム、CTA
フォーム最適化済みのフォームを、必要な情報を選ぶだけで簡単に設置できます。

・ブログ投稿
もちろんブログ投稿にも対応、Webサイト内にブログを設置することも簡単です。WordPressなどのブログツールと異なり、特別な作業なしでWebサイト+ブログ、のようなサービスを訴求しながらコンテンツを発信していく運用体制が作れます。

 

STEP3:集客と最適化

ホームページが完成したら集客スタートです。SEOやSNS・リスティングやディスプレイ広告など、様々な集客チャネルに対して改善・最適化できる機能がそろっています。

このステップの主な機能
・キャンペーン管理
ランディングページを作成したら、キャンペーン管理で運用しましょう。チャネルごとの来訪やコンバージョンをページ単位でチェック、効果の良し悪しがひと目で確認できます。

・SEO順位チェック
SEOの順位チェック、毎回実際に検索している方もいらっしゃると思います。ferret Oneなら対象ワードを登録しておけば、毎日順位をチェックできます。履歴を振り返ることもできますので、施策を実施後にも確実に確認できます。

その他機能
・ABテスト
・ソーシャル連携投稿

 

STEP4:リード管理

ホームページから発生したお問い合わせや予約などの見込み客情報を閲覧、管理できます。見込み客の属性でセグメントしてメール配信し、見込み度合いを上げていくことも可能です。

このステップの主な機能
・お問い合わせ管理
お問い合わせなどフォームからコンバージョンしたユーザーを閲覧、管理できます。ここから個別にメール送信することもできますので対応漏れなどのチェックも簡単です。

その他機能
・見込み客管理
・メールマガジン配信(一部プランのみ対応)
・ステップメール配信(一部プランのみ対応)

 

STEP5:測定と改善

施策を実行してわかった結果をもとに、ページを改善します。アクセス解析はもちろん、見込み客ごとのサイト内行動がわかる行動解析機能で、どんなコンテンツが貢献しているかひと目でわかります。

このステップの主な機能
・行動解析レポート
コンバージョンしたユーザーごとに、どこから来訪してどんなコンテンツを見てコンバージョンに至ったかを確認できる、ferret Oneの目玉機能です。どんなコンテンツがコンバージョンに貢献しているのか、どの記事がコンバージョン貢献する入り口なのか、などを詳細に把握することができます。

その他機能
・ダッシュボード
・アクセス解析レポート

 

まとめ

かけ足になりましたが、ferret Oneの代表的な機能を紹介しました。

ferret Oneは、マーケティング環境がゼロからのスタートとなってしまうケースに、特に向いているといえます。機能的にも新規事業の立ち上げ時のWebマーケティングに必要十分な機能がそろっています。スピードや低コストでの立ち上げが求められる新規事業のWebマーケティングにおいて、選択肢の一つとなるのではないでしょうか?

 

「とにかく手っ取り早くマーケティング環境を整えたい」
「今はプロダクトにリソース集中したいけど、マーケティングも重要だと思っている」
「集客は専門ではないので、一通りのことができる環境があれば十分」

 

上記のようなお悩み・課題をお持ちの方がいましたら、当社のトップコンサルタントがWeb会議形式でホームページに関する課題解決のためのアドバイスを行う”無料お悩み相談”についても承っておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。

毎月限定5社となりますが、今なら貴社のホームページの状況も無料で診断させていただきます。

ferret Oneは、月々5万円からご利用できるサービスです。
すぐにでもホームページを公開したい企業様には、一部制作代行サービスも承っております。

この内容で送信します。よろしいですか?