Original

ライトコンバージョンによるリード獲得も可能!企業が「オウンドメディア」を運用するメリットと事例を紹介

自社のホームページへの「集客」を行い、「メルマガ登録」「資料ダウンロード」など、今後の売上に繋げるための「ライトコンバージョン」を目標に業務を運用しているWeb担当者もいるのではないでしょうか。

とはいえ、ホームページ運用に関するスキルに自信が無く、広告予算も限られている場合、簡単に達成できるものではありません。また、比較的低コストで運用できるリスティング広告やSNSマーケティングで「集客」に成功しても、「お問い合わせ」に繋がらないという悩みを持っている方もいるかもしれません。

 

そういった課題を持つ企業にとって、自社でメディアを運営する「オウンドメディア」というWebマーケティング施策が1つの解決手段になるでしょう。

オウンドメディアを使ったコンテンツマーケティング施策は、低コストで集客することができ、掲載する記事を通して自社ホームページへの誘導し、「メルマガ登録」「資料ダウンロード」など様々な側面からリード顧客を獲得することができます。

 

今回は、オウンドメディアに関する基本知識を解説し、実際に企業が運営しているオウンドメディアの成功事例に関してご紹介します。

リード獲得向き?「オウンドメディア」を運営する目的とは

近年、Webマーケティング施策の手段として「オウンドメディア」の需要が高まっています。低予算で運用できることや、更新するほどにコンテンツがストックされるため「資産」として残ることが要因として挙げられるでしょう。そのため、メルマガ登録や資料請求などライトコンバージョンによる、リード獲得に向いた施策と言えます。

 

一方で、バナー広告やLPを使ったリスティング広告などは、特定の期間で予算を区切るため、瞬発的なキャンペーンによるコンバージョン獲得に向いている一方で長期的な資産になりにくいという欠点があります。

様々なWebマーケティング施策の特徴を踏まえた上で、長期的な視点で顧客獲得を目指すなら、ライトコンバージョンに適したオウンドメディアが最適と言えるでしょう。

 

オウンドメディアの定義

ここでオウンドメディアの定義を簡単に確認しておきましょう。オウンドメディアとは、「owned(所有)」という言葉からもわかるように、企業が自社で所有し運営を行うメディアのことを指します。

企業ブログなどもオウンドメディアの1つに該当し、企業のブランディングやユーザーにとってメリットのある情報発信を行うのが一般的です。広告出稿とことなり、直接的なコンバージョンを目指していないため、「広告に抵抗のある」ユーザーでも違和感なく集客できるという特徴があります。

 

オウンドメディアを運用するメリット・デメリット

次に、リード獲得を目的として「オウンドメディア」を運用するメリットとデメリットをご紹介します。

 

オウンドメディアのメリット

先にも述べたとおり、オウンドメディアはあくまで「企業による情報発信」を行うのが主軸になるため、ユーザーはニュースの感覚で読むことができます。そのため、「販売」「本サービスのダウンロード」を目的とした広告よりも受け入れられやすいというメリットがあります。

また、継続的にコンテンツを更新し続けることで、ユーザーの興味を引き、サービスへの関心を持ってもらうこともできるでしょう。オウンドメディアのファンを作ることで、「メルマガ登録しようかな」や「サービスの資料が気になる」といったライトコンバージョンを生むことができるでしょう。

 

オウンドメディアのデメリット

ライトコンバージョンによる潜在的なリード獲得に適しているオウンドメディアですが、デメリットもあります。それは、広告と比較したとき瞬発的な顧客獲得には結びつかないことです。メディアと広告、それぞれ向き不向きがあるため特性に応じて使い分けましょう。

また、広告出稿と比べ低コストで開始できるものの、リード獲得に向けて継続的な更新が必要になるため、更新する手間が発生します。記事制作を担当できる社内リソースもしくは外注企業を確保しなければならないというデメリットもあります。

 

企業が運営しているオウンドメディア事例3選

 

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

「土屋鞄製造所」は、革小物を製造するメーカーのオウンドメディアです。自社製品の情報だけでなく、革の基礎知識や、革製品のメンテナンス方法を提供しています。革のメンテナンス方法など体系的なノウハウを執筆することで、「土屋鞄製造所」を知らないユーザーの関心を惹きつけ、リードの獲得を行うことができます。

 

サイボウズ式

サイボウズ式

「サイボウズ式」は、グループウェア「サイボウズ」を提供する企業です。同社では「チームで働く」ことをコンセプトに、ビジネススキルや会社での人間関係を円滑に進めるためのコツなど、ノウハウコンテンツを公開しています。また、著名な外部ライターを起用することで、Webに関心の高いユーザーの集客にも役立てていることがわかります。

 

Tech総研

Tech総研

「Tech総研」は、リクルートホールディングスの「リクナビNEXT」が運営するオウンドメディアです。エンジニアに焦点を絞った記事を公開しており、「エンジニアの働き方」「エンジニアの悩み」といった内容のコンテンツが中心です。エンジニア職に関心の高いユーザーを集客し、CTAではリクナビNEXTへの「スカウト登録」を促していることがわかります。

 

オウンドメディアを簡単に作成しライトコンバージョンを獲得を目指すなら”ferret One”

オウンドメディアを簡単に作成・更新できるCMSを提供しているferret One。オウンドメディアで集客したユーザーを、各ライトコンバージョンで情報を得ることにより、その後メルマガなどの継続したアプローチを取ることができます。

 

一般的な3つのライトコンバージョン設定

オウンドメディアに来訪したユーザーに、3つのライトコンバージョンを訴求し、継続したコミュニケーションを取れる状況を作りましょう。

  • メルマガ会員登録
  • 資料ダウンロード
  • セミナー申し込み

メルマガ会員登録は、とてもライトなコンバージョンです。オウンドメディアで投稿するコンテンツの情報を、メルマガとして定期的に配信するサービスの仕組みを作り、ユーザーとの接点を増やしましょう。

資料ダウンロードにはレベルがあり、お役立ち知識をまとめた資料、提供サービスを説明した資料があります。前者は提供サービスへの興味でダウンロードしたものではないので、ユーザーとの接点はメルマガなどで接した方が良いでしょう。後者は提供サービスに興味がありダウンロードしているので、架電により状況を伺い、ユーザーの課題整理をアドバイスすることも良いでしょう。

セミナー申し込みは、申し込み後にユーザーと対面しますので、セミナーの内容によっては比較的お問い合わせに近い見込みユーザーとなるでしょう。定期的にセミナーを開催し、資料ダウンロードした方をセミナーへ誘うことをアピールしましょう。

基本はメールでのアプローチ

前述した通り、基本はメルマガでのアプローチがベースとなります。どのライトコンバージョンでも、メールアドレスを記載していただき、定期的な接触を行うことを意識していきましょう。

 

ferret Oneを無料で体験

オウンドメディアを作成し、ライトコンバージョンでユーザー情報が登録でき、その後メルマガ配信もできるWebマーケティングサービスferret One。無料でトライアル体験も出来ますので、一度触ってみませんか?

無料トライアル体験はこちらから。

 

サイトの課題を相談したい方は下記から、無料診断も承っています。オウンドメディアを検討中の企業様や、ホームページ集客にお困りの企業様、ご連絡お待ちしております。

無料ホームページ診断はこちらから。

ferret Oneは、月々5万円からご利用できるサービスです。
すぐにでもホームページを公開したい企業様には、一部制作代行サービスも承っております。

この内容で送信します。よろしいですか?