Original

コンテンツマーケティングの肝!記事作成がすぐに上達するために必要な4つのポイントとは

ユーザーにとって有益な記事コンテンツを作成し、インターネット上で発信することで集客へつなげる、近年注目を集めているマーケティング手法「コンテンツマーケティング」。

ちなみに皆さんは、なぜコンテンツマーケティングが今注目されているのか、理由をご存知でしょうか。

 

コンテンツマーケティングとは

収益を生むユーザーに、価値あるコンテンツを制作および提供し続けることで、ユーザーを惹きつけその状態を維持し、エンゲージメントを生み出すことによって、最終的な収益につながる行動をユーザーに取ってもらうための一連の手法です。

参照:

コンテンツマーケティングとは今さら聞けない基礎知識と使われる13の手法|ferret

 

今回は、コンテンツマーケティングが注目される理由はもちろん、その成功の鍵を握る”記事作成スキル”をすぐに上達させる上で欠かせない4つのポイントをご紹介します。

 

コンテンツマーケティングで注意すべきポイントとは

まずは、コンテンツマーケティングが注目を集めている主な理由をまとめてみました。

 

  •  ユーザーが広告に対して反応しづらくなってきている
  •  Googleの評価がコンテンツの質を重視したものに変わってきている
  •  広告と異なり、コンテンツは「資産」になる
  •  コンテンツマーケティングは低コストで始めることができる
  •  クラウドソーシングが一般化し、安価にコンテンツを確保できるようになった

 

いかがでしょうか。上記内容をみて”なるほど”と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。中には、すでにコンテンツマーケティングに取り組んでいるという方も少なくないはずです。

ただ、コンテンツマーケティングは、これら内容を理解しているだけでは成り立ちません。

その理由は至ってシンプルです。

ユーザーに対して有益となる記事コンテンツを作成し、発信することがコンテンツマーケティングでは求められるからにほかなりません。

 

そこで多くの方が直面する課題が、「記事作成が苦手」「記事の質をキープした上で量産していくことが困難」という点であり、コンテンツマーケティングを実践してみたものの、運営を軌道に乗せることができない……という方も多いと聞きます。

 

◆記事作成時に直面する主な課題

  •  書き始めから完成まで、どういうステップを踏んでいけばいいのかわからない
  •  良い記事を書いているつもりなのに閲覧数が一向に増えない
  •  書こうと思ってはいるが筆が進まず、スケジュール通りに進まない

 

つまりコンテンツマーケティングは”記事を作成する”という点に注力することは、1にも2にも重要です。

そこで、ここからは現在記事作成で苦戦している方にぜひともオススメしたい、記事作成における4つのポイントをご紹介します。

 

初心者の方でもこのポイントを押さえるだけで、業務効率はもちろん、記事の質を上げることができるようになるはずです。

 

1. コンテンツを書き始める前の段取り

記事を書き始める前にすべき段取りとしては下記のとおりです。

 

  • ペルソナと記事のテーマ決め

        ↓

  • アウトラインの作成

        ↓

  • 記事を書く上で不足している情報の収集

 

●ペルソナと記事のテーマ決め

まずは、ペルソナ(その記事を読んでほしい人)の人物像と記事全体のテーマを決めます。順番としてはペルソナを設定し、その次に「ペルソナの、何を、どのように」解決できるような内容にするかを考えます。ここまで設定したら、それを満たすような大きなテーマは何かというアプローチで、記事全体を貫くテーマを決めます。

 

参照:

ペルソナ|ferret マーケティング用語辞典

●アウトラインの作成

ペルソナと記事のテーマが決まったら、次に考えるのは目次とアウトラインです。目次は、ペルソナと記事のテーマに従い、「自分自身が読む側であればどのような順番になっているとしっくりくるか」という視点で決めていきます。目次が決まったら、それぞれどのような内容を書いていくかというざっくりとした方針をアウトラインとして盛り込んでいきます。

 

●不足情報の収集

最後は、記事を書く上での情報収集です。記事を書くアウトプットするためには一定のインプットが必要となります。ここまで段取りを進めてきて、特に目次とアウトラインを決めた段階で、その記事を書く上で不足している知識・情報がぼんやりと見えてきているはずです。その不足を埋めるために、インターネットや書籍を使って必要な情報を探します。

 

2. SEOを意識したキーワード選び

「1」の記事を書く前に必要な段取りが終わったら、次はSEOを意識したキーワード選びです。

記事内容自体がどれだけ有用なものであっても、それだけではきちんとペルソナに届けるためには不十分です。ペルソナが検索しそうなキーワードを盛り込んだタイトルにすることで、あなたの記事を求めている人にあなたの記事が正しく届くようにしてあげる必要があります。

具体的には、検索結果に表示されるタイトルやディスクリプションにはペルソナにとってメリットとなる情報を連想させるようなキーワードを盛り込むようにしましょう。検索結果一覧で色んなページが表示される中で、あなたの記事がペルソナにとって有用であると思わせられるような内容を記載できるかどうかが勝負です。そのためには単純に単語レベルでの合致を目指すだけではなくダメです。

 

  例:

  あなたがスポーツジムを運営していて、ダイエットに関する記事を投稿しようと

  しているとします。この際、単純に「ダイエット」という単語を入れるだけでは

  不十分です。同じ「ダイエット」と言っても、ペルソナが結婚式を1ヶ月後に控え

  ている20代の女性で、それまでになんとしても5キロ痩せたいと思っている人で

  ある場合と、健康のために1年かけて5キロ減量したいと思っている40代の男性で

  あれば、求めている情報は全く違うものになるはずです。

 

前者であれば単純に運動するだけでは不十分である可能性が高いので、食事制限の指導も含めたプログラムがあることをアピールするような記事などが有効でしょう。一方後者であれば、週に1回、土日のどちらか好きな時に来て気軽にランニングができる格安プランがあることをアピールするような記事などが有効だと考えられます。

 

3. とにかく書き始めることの重要性

「何から書き始めればいいのかわからない」

これは誰もが直面する壁といえます。過去に記事作成という行為(業務)をしたことが無い方であれば、最初の1文さえ書くことができないという状況なのではないでしょうか。

ただ、そうした方だからこそ、まずは書き始めてみるということをオススメします。

 

イメージとしては、まずとにかくアウトラインに従って書き始め、一通り最初から最後まで書いてみることが重要です。その後、一旦、文章全体をチェックして手を加えていく形となります。もっと分厚く書けそうとか、別の切り口で書けそうといったところがないかをチェック段階で探しつつ、適宜加筆修正して最終的に100%に持っていくという流れになります。

 

4. 書いてから一晩寝かせてみる

「3」のとにかく書き始めることの重要性までの過程を踏み、納得のいく記事ができ上がってきたとします。ただ、ここでぜひ試していただきたいのが、すぐに公開するのではなく「少し時間を置いてから最終確認すること」です。

 

誰もが記事を書き終わった直後というのは、ある種の達成感に包まれています。そのため、直後に記事確認をするにしても、冷静な目で記事をチェックすることができない場合があります。そのため、”一晩置いて見直してみる”ことで、書き終えた直後には気付けなかった抜け漏れ・誤字脱字を拾えたり、さらには良いアイデアが浮かんでくることもあります。

 

記事の執筆に限らず、一晩寝て起きたら、前日の出来事に対して前日の自分とは違う見方をできるようになっていたという経験はどなたでもあるのではないでしょうか。

 

集中して書いた後こそ一歩引いて見ることが大事で、そのためには一晩置いてみて、翌日改めて原稿と向き合うことが有効ということです。

 

まとめ

今回はコンテンツマーケティングを行う上で有効な記事の書き方/手順をご説明しました。記事を書くというととてもハードルが高いことのように思えてしまいますが、一定の型をもとに反復練習することで誰でも書けるようになるものですので、今回ご紹介した手順を踏襲する形でまず2〜3つの記事を投稿されてみることをおすすめします。

 

どうしても最初の1記事目が書けないとか、踏襲してみたがやはりうまく出来た気がしないという方は、我々が提供するferret Oneというサービスもおすすめです。

 

ferret Oneは、SEOやコンテンツマーケティングに強いホームページが誰でも簡単に作れるツール機能と、マーケティングのプロによる集客トレーニングの2つを提供するサービスです。ツールとトレーニングの両輪で、貴社のコンテンツマーケティングを成功へと導きます。

 

ferret Oneは、月々5万円からご利用できるサービスです。
すぐにでもホームページを公開したい企業様には、一部制作代行サービスも承っております。

この内容で送信します。よろしいですか?