Original

記事制作を外注する際に最低限チェックしておきたい6つのポイント

「記事などのコンテンツを作成すればSEOの順位が上がる」

「消費者へ役に立つ情報を発信して、自社のことを知ってもらえる」

 

このようなコンテンツマーケティングのメリットを聞いてはいても、いざ記事を作成しようとなると腰が重くなる方は多いのではないでしょうか。

そんな方にとって覚えておきたいのがライターに記事を外注できる記事制作サービスです。

 

今回は、記事制作を外注する際に最低限チェックしておきたい6つのポイントを紹介します。

1記事単位で発注できる記事制作サービスは気軽に利用できるのがメリットです。

一方で、曖昧なイメージのまま発注してしまい、納品されてきた記事が自分の欲しい内容ではなかったというトラブルも起こりがちです。そのため、記事制作を丸投げにしてしまうのではなく、自分でも最低限チェックすべき点は確認しておきましょう。

 

 

記事制作を発注してから納品されるまでの流れ

記事制作の発注から納品までの一般的な流れを紹介します。

サービスや作成する記事の内容によって自社の作業する量は異なるので注意して下さい。

 

1.記事の仕様の相談・決定

どういった記事を作成するかの仕様を決定します。自社ですべての仕様を決めてから記事を書くライターを募集する方法と、記事を外注するライターや制作会社と相談して決める方法があります。

 

   【記事の仕様(例)】

    ・記事のターゲット

    ・記事1本あたりの文字数

    ・記事本数

    ・納期

    ・ファイル形式など納品の形態

    ・(SEO向けの記事作成の場合)狙うキーワード

 

2.見積もり

1で決めた記事の仕様をもとに見積もりを算出します。

クラウドソーシングの場合、1本あたりの文字数や記事本数によって自動見積もりできるサービスを提供しているところもあるので参考にしてみるといいでしょう。

 

3.発注

見積もりを確認した上で発注します。

この時、利用するサービスや依頼する制作会社によっては契約書の取り交わしが必要となる場合もあるので注意してください。

 

4.記事制作

発注先で記事制作を行います。

 

5.納品

記事が納品されてきます。クラウドソーシングでは執筆したライターとは別にクラウドソーシングの運営企業が記事のチェックを行った上で、納品する場合もあります。

 

参考:

知っておきたい!Web記事作成代行の流れ・代行会社の選び方 | クラウドソーシングレポート

記事発注フォーム | サグーワークス

 

外注する際に最低限チェックしておきたい6つのポイント

ホームページ制作やデザインの発注と同様に、記事の外注においても「納品されてきた品物が自分のイメージとは違った」というトラブルが起こりがちです。

特に記事の制作過程で内容の確認を行わない場合は、より注意が必要でしょう。

 

では、外注する際に最低限どのような点をチェックすればいいのでしょうか。6つのポイントを解説します。

 

参考:

外部ライターに発注する時に押さえるべきポイント10個 | Core Marketing Blog

コンテンツを外注したらココだけは必ずチェックしよう!納品確認項目5つ | Core Marketing Blog

 

1.発注時:記事のイメージは明確になっているか

記事のイメージが曖昧なままでは仕様も曖昧になってしまい、ライターの解釈によって内容が変わってしまいます。

そのため、記事を依頼する前に記事のターゲットや取り上げて欲しい内容、記事制作にあたってライターに守って欲しいルールは決めておくようにしましょう。

 

2.発注時:記事の仕様は固まっているか

文字数や費用、納期など基本的な仕様は事前に決めておきましょう。

「とりあえず記事さえあれば」という姿勢では、いざ納品されてきた時に想像よりも文字数が少なかったり、見積もりと実際に請求された内容が異なったりといったトラブルが起こりかねません。

 

3.発注時:記事の仕様に対して依頼する人は適切か

ライターによって持っているスキルや知識は異なります。特に専門的な内容の記事を発注する場合、依頼するライターの得意分野はチェックする必要があるでしょう。

例えば、新型iPhoneの特徴に関する記事を美容化粧品の記事が得意なライターに依頼しても、自分の想像していたものと異なる記事になってしまうかもしれません。

 

4.納品時:依頼した通りの仕様になっているか

納品時には必ず記事に目を通して、依頼した通りの仕様になっているかチェックしましょう。文字数や内容を確認し、不備があれば発注先に指摘します。

 

5.納品時:誤字・脱字がないか

記事内に誤字や脱字がないかは最低限確認しましょう。

自分で一度読んでみるだけでなく、誤字や脱字を自動で検出してくれるツールを活用すれば効率的にチェックできます。

 

参考:

文章作成業務が多い方は要チェック!文章校正を補助してくれる無料ツールまとめ|ferret [フェレット]

 

6.納品時:コピーコンテンツが含まれていないか

ライターによっては、他のメディアに掲載されていた文章をそのままコピーしてしまったり、画像を転用してしまったりといった場合もあります。

このような記事を自社のコンテンツとして公開してしまっては、自社の信用にも関わりかねません。自動でコピーコンテンツを判定するチェックツールを活用して自社でも確認を行うようにしましょう。

 

参考:

少しの一手間が重要なリスクマネジメントに!コピペチェックツール10選|ferret [フェレット]

 

ferret Oneは、月々5万円からご利用できるサービスです。
すぐにでもホームページを公開したい企業様には、一部制作代行サービスも承っております。

この内容で送信します。よろしいですか?