Original

自社ホームページの成果を改善できる!簡単に検証ができる「ABテスト」実施のポイント

自社でWebマーケティングを実施し始めたばかりの担当者の中には、ホームページやLPを作成しても購入や成約に結びつかず、どういった施策が有効なのか手探り状態という方もいるはずです。トレンドと共に新たなマーケティング手法が生まれ、目的や効果も様々なので、何を実施したら良いのかわからないこともあるでしょう。

 

Webマーケティングの施策の中で「効果の改善」を行う手段として「ABテスト」があります。ホームページに使用する画像やテキストの1部に「Aパターン」「Bパターン」を用意し同時に公開し、それぞれの結果を比較して解決策を分析する手法です。

 

今回は、ABテストの基礎知識を解説し、実施する上で確認すべきポイントをまとめました。ホームページの改善に役立ててみましょう。

ABテストとは?

「ABテスト」とは、ホームページやブログで成果を改善するために行うマーケティング施策の1つです。ページ内の画像やテキスト、ボタンなどから1箇所を「Aパターン」「Bパターン」作成し、同時に公開します。どちらのパターンを採用したページのCV率が高いのかを検証し、ホームページデザインの改善を行います。

 

ABテストツールを使うメリット

次に、ABテストツールを利用する上でのメリットをご紹介します。

 

上述の通り、ABテストを手動で行うのは、作成コストや検証の正確性という観点から、あまり推奨できる方法ではありません。ABテストツールは、「Aパターン」「Bパターン」の変化をツールに読み込ませるだけで準備ができるので効率的にABテストが行えるのが特徴です。また、表示頻度やABテストの期間指定を行えるため、実施する担当者の負担も抑えることができるメリットがあります。

 

また、ホームページの全面リニューアルを実施するのと比べ、成果に繋がる箇所だけを改修でるのもABテストならではのメリットと言えるでしょう。テスト項目の変更も1箇所だけで済むため、兼業しているWeb担当者でも簡単に実施できます。

 

代表的なABテストの方法と該当項目

代表的なABテストツールとして、GoogleアナリティクスのABテスト機能が挙げられます。他にも、簡単にABテストが行えるツールが各ベンダーから提供されているので検討してみると良いでしょう。

 

また、ABテストを行う際、「どの項目でテストすれば良いのか」いまいちわからないという担当者もいるでしょう。そこで、代表的なテスト項目を下記にまとめました。

  • メインビジュアルの画像
  • キャッチコピーやタイトルのフォント
  • ボタンやバナーの位置
  • CTAボタンの大きさや色
  • CTAボタンの文言

以上のように、ユーザーの目に触れやすく「行動」に関わる項目でテストを実施します。項目に正解は無いため、ABテストは継続して行う必要があります。

 

ABテストを実施する上で確認すべきポイント

次に、ABテストを実施する上で、効果を上げるために確認すべきポイントをご紹介します。

 

1.ABテストを行う目的を明確にする

まず第一に確認すべきなのが「なぜABテストを行うのか」という目的です。ページからのコンバージョン率を上げるために行うのか、ページ遷移率向上を目指すのかなど、明確な目的のもとABテストを行いましょう。

 

2.目的に合わせて仮説を立てる

上記で明らかにした目的に対して、成果が出ない原因の仮説を立てます。例えば、コンバージョン率を上げる上で、「リピーター受けは良いが、新規顧客に対してアプローチできていない」のであれば、ファーストビューの画像やテキストでABテストをしてみるのが良いでしょう。このように、仮説を立てた上でABテストを行い、検証結果がでた項目を改善します。

 

3.複数のテストを同時に行わない

ABテストを行う際に気をつけなければならないのが、「テスト項目は1箇所に絞る」ことです。手間を省くために「ボタンと画像」など複数項目でテストしてしまうと、「どの変更点が成果に繋がったのか」が検証できなくなるためです。そのため、時間はかかりますが、必ず1箇所ごとにABテストを実施してみてください。

 

4.結果を絶対と判断しない

ABテストを実施した後、「Aパターンの方がコンバージョンした」と一定の検証結果がでたとします。しかし、あくまで仮説のもとで生まれた結果です。そのため、1回の結果を絶対と思わず、地道にテストを行い改善をしてみましょう。ABテストを継続することで、検証の精度が向上し、より効果の高いページ改修が行えるようになります。

 

5.「平日」と「休日」、「セール・イベントシーズン」をはじめ、時期を考慮して分析を行う

ABテスト中の曜日やシーズンなど「時期」にも着目してみましょう。ABテスト期間中に「平日」と「休日」を跨ぐ場合や、セール時期や季節のイベント、ボーナス時期などは、ユーザーの行動が明らかに変わることが考えられます。なるべく安定したデータを収集するため、同じ時期に同じ表示頻度でABテストを行うと良いでしょう。また、外的要因の変化が大きい時期を避けてに実施することが大切です。

 

ABテストの基本を簡単に設定できるferret One

Webマーケティングサービスferret One CMSにも、もちろんABテスト機能があります。ここからは、ferret OneのABテスト機能についてご紹介します。

 

ABテストのステップ

ferret OneのABテスト機能は、下記の画面と4つのステップによりテストレポートまで確認することができます。

  1. テストページを設定
  2. CVの定義を設定
  3. テスト比率と期間を設定
  4. レポートで確認

テストページを設定

オリジナルページ(A)と、テストページ(B)を設定します。テストページはferret Oneで作成したページから選択します。

CVの定義を設定

CTAのクリック、フォームの入力と、CVにする定義を決めます。

テスト比率と期間を設定

基本は「オリジナルページ:テストページ=50:50」で表示されますが、オリジナルページの売上貢献度が大きく、テストするには不安な場合、テストする頻度を下げることができます。最後にテストする期間を設定します。

レポートで確認

テスト結果は、レポートページにて「CV数」「滞在時間」を、PC・スマフォ別で確認することができます。

 

今なら貴社のホームページを無料で診断します

ランディングページを1時間で作れる編集機能と、ABテスト機能があれば、貴社のホームページ改善がスムーズに行えるでしょう。一度ferret Oneの無料体験を利用してみませんか?

今なら無料診断キャンペーンを行っており、ferret Oneを検討している企業様には、無料で貴社サイトを診断させて頂きます。ご連絡お待ちしております。

ferret Oneは、月々5万円からご利用できるサービスです。
すぐにでもホームページを公開したい企業様には、一部制作代行サービスも承っております。