Original

ホームページ制作が1人でできた!CMSでスキル・経験なしでも1時間で簡単につくれる

2000年初頭にインターネットが普及し始め、利用率もわずか数年で100%近くに到達。しかも、インターネットを利用する企業におけるホームページ開設率も2005年には85.6%に達し、総務省「平成28年通信利用動向調査」によると、現在ではほとんどの企業がホームページを開設している状況です。

 

また、その流れに拍車をかけるように、近年はスマートフォンのシェアが急速に高まり、PCからモバイルへのシフトチェンジが叫ばれています。企業がユーザーに向けて行う情報発信のスタイルもPCを中心にしていただけでは十分ではなく、デザインも機能もスマートフォンを考慮したものしていく必要が出てきています。

 

ただ、時代が進化してしているのにも関わらず、企業がホームページをどのように活用しているのかというと……その時代の流れにイコールとはいかないのが実情です。正直、ホームページを導入した当時となんら変わらない運用を続けている、情報を掲載したままで、数ヶ月間も更新すら行われない企業も少なくありません。日本国内のほとんどの企業がホームページを保有しているにも関わらず、そこを起点に売上げの拡大や新規顧客の開拓などにつなげる動きをとっていないのが実情です。

 

そこで今回は、まずホームページを上手く活用するという点で原点に返り、”なぜホームページが必要なのか” “ホームページをどのように活用していけば良いのか”という点についてご説明していきます。

本記事はホームページを制作したものの、上手く運用できていないWeb担当者やマーケティング担当者の方にオススメです。ぜひ、普段の業務にお役立てください。

ホームページ制作について

現在、皆様の企業のホームページにはどのような情報が掲載されていますでしょうか。ホームページにも様々な種類があり、コーポレートサイト、サービスサイト……など、それぞれ役割と目的があります。

 

ただ、そのいずれにせよ、忘れてはならないのがホームページはユーザーからすれば「企業の顔」だということです。

 

仮にユーザーがあなたの企業のホームページに来訪したとします。その際、デザインがカッコよければ自然と印象がよくなるかもしれません。高頻度で情報が発信されていれば、アクティブなイメージをもつかもしれません。はたまた、最新のホームページ制作における技術が搭載されていれば、仮に歴史をもつ企業であっても印象がだいぶ異なってくるのではないでしょうか。

 

しかし、それとは反対に、デザインが古かったり、更新が1年以上されていなかったり……という情報を探している時に、そのような企業のホームページを目の当たりしたらどのような印象をもつでしょうか。つまり、ユーザーの印象はホームページ1つで大きく変わってしまうのです。だからこそ、普段からのメンテナンスが重要で、日頃から身だしなみを意識していなければならないのです。

 

なぜホームページが必要なのか

先述の理由からもホームページは常にインターネット上において、多くのユーザーに見られていることもあり、常に凛としていなければなりません。そこで、ここからはホームページを活用してどのような情報を発信すればよいのか、という点について考えていきます。多くの中小企業であれば、コーポレートサイトを持ち、場合によっては単体の商品・サービス専用のホームページをお持ちなのではないでしょうか。

 

そうした場合、まずはユーザーがどのような情報を欲しているのか、何を求めて来訪するのかという観点から考える必要があります。掲載する情報を考え、実際に発信する際に注意しなければならないのが、このポイントで、ユーザー目線で物事を発信するということに注意が重要となります。

 

現在、世の中は情報が溢れている時代です。人は全ての情報に出会うことができず、一方的に届けられる情報に消化不良を起こしている状況です。そのため、ユーザーは本当に必要な情報をPCやスマートフォンを用いて検索して、自ら情報を入手する行動を起こします。

 

シンプルに言うと、ホームページはユーザーが欲している情報を理解して、自分たちがどういう企業で、どのような商品・サービスを提供し、ユーザーの課題(解決したいという欲求)を如何に満たせるのか、というのを明確にに訴求することが役割になります。

 

想定しているホームページの活用方法

ここまでの話で、すでに皆さんの中にもホームページの役割、重要性というのが見えてきたのではないでしょうか。

続いて、皆さんの頭の中に浮かんでいるのは下記のような現実の課題ではないでしょうか。

 

  1. 重要性はわかったが、ホームページを制作・運用できる社員がいない
  2. Webに詳しい社員がいないため、外部の専門企業ともやりとりができない
  3. 予算が限られており、内外部のリソースを新たに確保というのが難しい
  4. 簡単にホームページを制作できるサービスもあるが、どれがよいのかわからない

 

実際、ホームページ制作を専門とする企業の方に話を聞いても、上記のような理由で相談を受けるケースというのが多いようです。

特に中小・零細企業の方であれば、「1」や「3」の理由というのはクリアできない企業が多いはずです。そのため、ハードルを突破するという観点からいうと、以下に「4」という観点も踏まえて、一からホームページを制作~運用まで考慮し、準備して行く必要性があります。

 

もっと簡単に誰でもホームページを制作・運用できる!

そこで、皆さんにぜひともオススメしたいのが、誰でも簡単にホームページの制作・運用ができるツール「CMS」です。

CMSは、Contents Management Systemの略で、ホームページを作成するための様々な作業を、一元的に管理できるシステムのことを指します。ホームページを制作・運用するとなると、本来であれば、文章や画像などのコンテンツの作成からHTML、CSSを使った構成・装飾の記述、リンクの設定などが必要となるのですが、CMSを使うとWebに関する専門知識がなくてもこれらの作業を自動的に簡単に行なうことが可能となります。

参考:

CMS(しーえむえす)|ferret マーケティング用語辞典

ホームページ開設のハードルが一気に下がるCMSを導入しよう!あらかじめ知っておきたいメリット・デメリット|ferret

CMS選定で失敗しない!おすすめCMS12選と押さえるべきポイント5つ|ferret

 

"特別な知識・スキルが不要"で"誰でも簡単に手軽にホームページが作れる"という観点から2010年頃に急激に注目を集めはじめた"CMSツール。

 

CMS上手に活用すれば、Webディレクターが不在でも、デザイナー、マークアップエンジニアの方がいなくても、ページのデザインがひな形として用意されていますし、様々な作業が自動化されるので安心して初心者の方でもホームページを簡単に作成できます。

 

そのため、現在はコストパフォーマンスのいいツールも数多く存在し、多くの企業でも導入・活用が進んでいます。きっとCMS導入によって、現在抱いている予算や有識者が不在であること、知識・スキルといった観点の不安というのは払拭されるはずです。そこで今回は、その1つである弊社のサービスを活用して、実際にどれほど簡単なのかというのを皆さんにお見せしていきます。

 

CMSで誰でも簡単に!ホームページ制作が1人でできた

マウス操作で簡単にホームページ作成ができる ferret One CMS のご紹介

弊社のCMS機能を搭載しているサービス「ferret One(フェレットワン)」は、どんな方でも簡単にホームページが作れるように考えられたCMSです。通常ホームページ制作で必要な知識である「HTML」「CSS(スタイルシート)」「php」などを知らずとも、簡単にホームページ作成ができます。

 

サイト作成の操作方法は、マウス操作が基本です。パズルのピースをはめるように、必要なパーツを選択してホームページにはめていきます。はめ込んだ後に、パーツの編集で文言を入れたり、画像を表示したり、リンクを設定することでホームページが完成します。

 

一から作るのが大変と感じる方には、パーツがはめ込んであるテンプレートが用意されております。気に入ったテンプレートを選択し、該当のパーツを編集、もしくは移動することでオリジナルのホームページにする事ができます。

 

下記では、実際にferret Oneでホームページ内のコンテンツを一から制作していきます。白紙のページを、ブロックパーツやパーツを選択して編集していく様子をご紹介いたします。

 

1.新規ページを作成

ページを新規作成すると、白紙のページが作成されます。この画面にパーツを埋め込んで行きます。

 

2.ファーストビューのパーツを選択し文言を編集

「見出し」パーツを入れて、ファーストビューで訴求する文言を編集する。

 

3.文字の大きさや、文字の場所を設定する

文字の体裁を微修正する。

 

4.リード文面を入れるパーツを選択し文言を編集

リード文面のテキストは、編集ボタンを押すと上記のようなテキスト編集ポップアップが開かれます。こちらにて、文言を編集し決定ボタンを押します。

 

5.ブロックパーツを選択しコンテンツを編集

ブロックパーツを選択します。コンテンツに入れる画像を選択し、文言も先ほどと同じ要領で編集します。

 

こちらは違う形のブロックパーツです。同じく画像を選択し、文言を編集することができます。4つあるパーツをひとつ減らすことも、ボタンを押すだけで簡単に変更できます。

 

ブロックパーツやパーツはコピーもボタンひとつでできます。上記ではブロックパーツをコピーし、パーツの位置を変更することでデザインの違和感を無くしております。

上記のような作業を繰り返すことにより、下記のページが完成します。実際にできたページはこちら

 

今回は基本的な「見出しパーツ」「テキストパーツ」「ブロックパーツ(2種類)」をご紹介しましたが、実際にはパーツが30種類以上、ブロックパーツも10種類以上用意しており、様々なコンテンツを設置することができます。例えば下記のようなパーツも、システム、デザイナーがいなくとも簡単に設置することができます。

 

【一部パーツの種類をご紹介】

 ・フォームパーツ…お問い合わせフォームや、セミナー申込みフォームが設置できます。

 ・動画パーツ…ユーチューブのID、もしくはURLを設定することで設置できます。

 ・マップパーツ…住所や施設名を入力することでGoogleマップを設置できます。

 ・ソーシャルボタンパーツ…各種ソーシャルボタンやタイムラインなどを設置できます。

 

まとめ

以上です。今回はCMS機能を搭載しいているferret Oneを実際に活用して、コンテンツを作成してみました。いかがでしたでしょうか。

実際に見ていただくことで、”簡単に制作できる”というのをより鮮明にイメージしてもらえたのではないでしょうか。自社でホームページが運用できるイメージが持てましたでしょうか。

 

仮に、実際にCMS導入を検討されている方で、機能を詳しく知りたい、画面を見ながら説明を聞きたいなどありましたら、下記のページからご連絡お願いいたします。今でしたら、お問い合わせいただけた企業様に「ホームページ無料診断」を行っております。貴社ホームページの課題点を、弊社コンサルタントからアドバイスさせていただきます。

※ご希望の方はお問い合わせに時に、「ホームページ無料診断を希望しています」と記載ください。

 

また、実際にferret Oneに触れていただき、どのような課題を解決できるのか、についてご説明するセミナーも実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

ferret Oneは、月々5万円からご利用できるサービスです。
すぐにでもホームページを公開したい企業様には、一部制作代行サービスも承っております。

この内容で送信します。よろしいですか?