Original

LPOで成果の上がるホームページに!ランディングページ制作の基本を公開

普段の業務においてホームページの制作・運用を担当される方であれば、検索上位表示されるようにSEOに注力したり、メールマガジンで定期的に見込み顧客とコミュニケーションを図ったり、新たなユーザーを見付けるためにSNSで情報発信……など、日頃から様々な手法を用いてユーザーをホームページに誘導し、そこからお問い合わせにつなげる施策を考え、実行しているのではないでしょうか。

 

今回は、その中の1つである「ランディングページの最適化(LPO)」についてご紹介します。

 

Webに関連した業務に就かれている方であれば、1度は聞いたことがあるワードなのではないでしょうか。それでは、なぜLPOが重要な施策なのか、についてご説明していきます。

 

参考:

LPOとは|ferret

 

ユーザーが最初に着地するページ”ランディングページ” とは

まずは、ランディングページについてご紹介します。

ランディングページとは?

ランディングページ(landing page)とは、ユーザーが検索エンジンあるいは広告などから最初にアクセスしたページのことを指します。「LP」とも呼ばれています。

一般的なWEBページとの違いは、Webサイトに訪問したユーザーを購入や申込、問い合わせなどの成約につなげるために特化しているところです。1ページ内において、ユーザーの興味を引き、購買意欲を高め、申込フォームから成約するという構成をしており、高いコンバージョンを獲得するために制作します。

ランディングページは、ユーザーがWEBページから離脱するのを防ぎつつ、スクロールをしながら意欲的に読み進めてもらう必要があるため、デザインにメリハリがあり、インパンクトのあるイメージやグラフや表などの説得要素の強い具体的なデータを掲載するケースが多くあります。ランディングページは様々な業界で利用されていますが、通販業界では特に多用されています。

参照:ランディングページ|ferret マーケティング用語辞典

ランディングページは上記にもあるように、インターネット広告や検索エンジンなどを通じ、ホームページに訪れたユーザーが最初に訪れるページのことを指します。その際、ある目的をもって訪問したユーザーに対して、そのニーズを満たす情報を訴求し、結果として商品・サービスの購入や申し込み、お問い合わせ等を成果につなげられるように、つまりはそぐわないページ内容になっていて離脱されないように設計することが求められます。

 

一般的に、ランディングページ自体は1ページで構成されます。

ユーザーの興味を引き、購買意欲を高め、申し込みフォームから成約するという構成になっており、お問い合わせや購入といった成果を獲得するために制作されます。

 

そのため、ユーザーがWebページから離脱しないよう、ページを最後まで読み進めてもらうために様々な工夫がなされています。例えば、ページ内から離脱するようなリンクがなく、目を引くためのメリハリあるデザインしており、インパンクトのある画像やグラフや表が設置されている、縦に長い構成などがそれに当たります。

 

 

どうしてLPO(ランディングページ最適化)が重要なのか

続いて、LPOについてご説明します。

ランディングページ最適化(LPO)とは?

LPOとは、インターネット広告や検索エンジンなどの外部からのリンクで表示される際の最初のページである「ランディングページ」を、そのページの作成者の意図にもっとも適した形に最適化することを言います。Landing Page Optimizationの略でランディングページ最適化とも呼ばれます。

ランディングページは、上記のようにインターネット広告などの外部からのリンクによって訪れるユーザー向けに専用に作成されることが一般的です。さらにランディングページは、問い合わせや資料請求への誘導や、入会申込などの様々な具体的な目的を意図して作成されます。そのような目的を達成するために、最も適したページデザインや情報提供の方法を実現させるのがLPOです。

入会者を増やすために広告を出稿し多くのユーザーの訪問があったとしても、ランディングページが不適切で入会申込が増えなければ実際の広告の効果は上がりません。従ってLPOはWebマーケティングを行う際には非常に重要な要素と言えます。

参照:LPO(えるぴーおー)|ferret マーケティング用語辞典

検索結果やインターネット広告の受け皿になるランディングページ。

ランディングページが完成したら、まずはSEOや広告よりも先にLPOという観点から如何にしてホームページに訪問してくるユーザーがどのような情報を欲しているのか、というのを理解する必要があります。

 

もちろんSEOやインターネット広告を通じて、ランディングページへのアクセスを増やすことも重要です。

ただ、それができていたとしても受け皿であるランディングページがユーザーにとって満足する内容になっていなければ離脱に直結してしまいます。

 

成果を出すランディングページの作り方

ここまで説明してきた内容からもわかるように、ランディングページの役割はユーザー来訪時の興味・関心(ニーズ)に沿い、それを喚起させて最終的に購入やお問い合わせにつなげていくことです。

 

そのためにもインパクトのあるファーストビュー、ユーザーに響く問題提起や興味付け、納得させるための根拠や解決法の提示、クロージングなど、多くの要素を盛り込み、1ページで完結する必要があります。

 

そこで、ここからは実際にランディングページを制作する上で何が重要なのか、という点について説明していきます。

 

ランディングページ制作時に押さえるべきポイント

ランディングページを作成する時に最も意識しなければいけないことは何か……それは「ストーリー」です。

 

「ユーザーが何を求めてランディングページにアクセスしてきているのか」について正しく把握し、ゴールにたどり着くまでのユーザーの心理をイメージしながらストーリーを考えることが求められます。

 

制作時に意識するべきランディングページの構成

ランディングページを制作する際、先述のとおりストーリーを意識する必要があります。そこで、まずユーザーになりきって、下記1~6の流れで全体の構成を考えてみてください。

 

1.ファーストビュー

真っ先に最初に目に飛び込んでくる部分をファーストビューと呼びます。

商品やサービスの強みや、ユーザーのニーズとマッチしているかを伝える部分です。

参照:

ファーストビュー|ferret マーケティング用語辞典

 

2.問題提起・興味付け

ページに訪れたユーザーのニーズを満たすことができることを提示し、興味を引く部分です。

 

3.共感

ユーザーの抱えるニーズや課題を理解していることを汲み取り、興味・関心を引く部分です。

 

4.解決法の提示

簡潔に根拠を述べて、ユーザーの問題をどのように解決できるか、具体的に解決方法を提示する部分です。

 

5.商品の裏付け・解決できる証拠

実績やデータなどを示し、ユーザーの不信感を払拭する部分です。

 

6.クロージング

ユーザーの背中を押し、決済するような内容を示す部分です。「期間限定」「今なら特典付き」など、今ここで成約することの意義・メリット・理由を示します。

 

こちらの全体構成は、あくまでも一般的な例です。おそらくターゲットごとに最適な構成があるはずですので、まずは上記を参考にして想定しているターゲットに最適なストーリーを皆さんで描いてみてください。

 

 

目的にあわせた最適なフレームワーク

効果的に、ユーザーを引き込むランディングページを制作するためには、先述の考え方のほかにもAIDMAの法則やBEAFの法則などの多くのフレームワークが存在します。

 

ランディングページの目的にあわせて最適なフレームワークを用い、ストーリーを考えていく必要があります。

 

参考:

AIDMA|ferret マーケティング用語辞典

ランディングぺージとは?LPOで成果の上がるぺージを作る方法と使えるテンプレート集まとめ|ferret

ランディングページ(LP)はストーリー性のあるフレームワークを使って作ろう|ferret

 

どのようにランディングページを制作すればいいのかという疑問を解決

実際に”ランディングページを制作する”となった際、多くの方が「色々とポイントはわかったけど、どのように制作すればいいの?」と悩まれるのではないでしょうか。

「Web関連に詳しい人材が不在で、どのように制作すればよいかわからない」

「今後更新していくことを考え、自社で誰でも簡単に制作・運用できるように仕組み化したい」

「Web制作会社に依頼したいが予算感があわず、話が前に進まない」

おそらく上記のような点で足踏み状態の方も少なくないのではないでしょうか。実際に弊社にお問合わせいただく中でも、このような相談を数多く頂戴しています。

 

そこで、ぜひ皆さんに参考としていただきたいのが、誰でも簡単にホームページを制作・運用できるCMSサービス「ferret One」です。しかも、簡単な質問に答えるだけで、手を動かさずにホームページを制作できてしまう「簡単アシスト機能」も搭載しています。

 

きっと皆さんのホームページ制作に関連するお悩みを解決するヒントになるはずです。ぜひ一読ください。

  

========================================================

◆ferret Oneとは?

ferret Oneは、「ferret」のノウハウを凝縮し、誰でも簡単にホームページを作成/運用できるようになることをコンセプトとしたツールです。

ご使用者さま側では事前準備や深い知識の必要なく、ご使用者さまだけで安定運用できるようになるまで弊社の経験豊富なトレーナーがサポートします。

========================================================

 

“質問に回答するだけ”ランディングページが作れる「簡単アシスト」機能

以前、ホームページ制作に関する下記のようなお悩みをお客様から頂きました。

「どのようなページ構成にすれば良いのかわからない」
「どのような見せ方・デザインにすれば、お客様に響くかわからない」
「自社でホームページを持ちたいが、自分たちで制作・運用できるのか不安」

上記のような課題を抱えている方も多いはずです。

まさにこうしたお客様の声から誕生したのが、「選択式の質問に回答し、テキストを入力するだけで、誰でも簡単にホームページを作成できる」簡単アシスト機能です。HTMLやコーディングといったWebに関する専門知識を持ち合わせていなくてもイメージしたランディングページをはじめとしたホームページ、ブログなどのコンテンツを作成することができます。

 

簡単アシストでページを作るまでの流れ

それでは、簡単アシスト機能でランディングページを作っていきましょう。

1. ランディングページの目的を決める

一番最初に、ランディングページの目的を選択します。作成するランディングページで、資料やカタログのダウンロードを増やしたいのか、Webサイトに集客したいのか、サービスへのお問い合わせを増やしたいのかなどにより、目的は変わります。目的にあった項目を選択してください。

2. デザインとカラーを決める

デザインのテンプレートから、好みのデザインと、テーマカラーを選択します。サービス、商品にマッチした、デザインとカラーを選択してください。

 3. 質問に沿って回答し、同時にプレビューで確認できます

左サイドバーの項目に質問が記載されており、フォームに回答を入力していきます。各フォームには推奨文字量もあるので、デザインに適切な文字量を調整できます。回答するとメインカラムのテキストが同時に変更され、回答しながら完成イメージを確認する事ができます。

4)パソコン、スマートフォン画面を確認して完成

質問を回答し終えると、プレビュー画面でパソコン版と、スマートフォン版の画面を確認することができ、保存して終了です。 

 

まとめ

ホームページから成果を上げるためには、最も効率的な施策であるLPO施策。

しっかりと成果を出すためには、まずランディングページの特徴を理解する必要があります。その上で、どのような理由でユーザーが訪問するのか考え、ストーリーを設計し、そのユーザーのニーズと自社の(ホームページの)目的とが一致するように意識することが重要です。

 

ホームページ制作の際、どのようなページを制作すればよいのか悩まれていた方にとって、参考にしていただければ幸いです。

また、最後にご紹介したホームページの制作・運用、集客、顧客とのコミュニケーション、育成、新規顧客獲得までの流れを一気通貫で行えるサービスferret Oneの「簡単アシスト機能」についてですが、いかがでしたでしょうか。

 

今なら無料トライアル体験で、実際に簡単アシスト機能による作成を体験することが可能です。そのほか、トップコンサルタントがテレビ電話形式で貴社のホームページに関する課題解決のためのアドバイスをする”無料お悩み相談”についても承っておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。

 

ferret Oneは、月々5万円からご利用できるサービスです。
すぐにでもホームページを公開したい企業様には、一部制作代行サービスも承っております。

この内容で送信します。よろしいですか?